まず、日経平均株価は為替に連動していると言うことです。※日本だけが株価が上がるなんて言うことはありません。ですから、円高になるタイミングを認識していれば良いと思います。『ヘッジファンド』そして、大きい規模でファンドを形成する事を目標とする通常の投資信託と違いとか、通常は私募により機関投資家、富裕層などから私的に大規模な資金を集めます。簡単に言うと、代替投資の一つですね。

<購入方法について>

これは機関投資家の場合に証券会社を経由しストラクチャーを組み投資をする方法があります。それと個人投資家の場合は、投資助言会社を経由します。そして、直接運用会社の提供する商品に投資をする方法があります。※通常の投資信託がベンチマーク対比でリターンを目指します。そして、逆に償還日前では、償還金の確保の為に株が多く売られるようになります。

また、解約する45日前ルールと言うのが決められています。■「正月」、「2月~3月」、「GW(ゴールデンウィーク)」、「お盆」、「10月」、「年末」などは注意が必要です。※(注意):その中でも最も危険とされるのは2月~3月になると言います。お盆の暴落もよくありますが、一時的なものが多いと言います。

<10月と言う月について>

「世界大恐慌があったり」だとか、「ブラックマンデー」、「リーマンショック」など、数十年に一度、歴史的大暴落が起きる月でもあります。財政赤字の実態が予想以上に酷いことを認めます。そして、欧州の単一通貨ユーロの信用が低下します。)そこで欧州連合は、昨年5月に国際通貨基金とともに救済に乗り出します。

 

ポルトガルを始め、南欧諸国を中心に財政赤字比率が高い国がまだあります。そんなことで不安は収まっていないと言えます。このような事がありましたよね。(汗)これは、その時期に合わせて表面化されたものになります。値動きが激しいことが多いと言います。

<日経平均株価の上がる時期、下がる時期について>

これは、月足チャートなどを見て研究してください。それが良いかもしれませんね。(笑顔)

関連ページ