事務系資格である行政書士の資格と仕事内容は?

行政書士の仕事というのは、官公署に提出する書類の作成、権利義務に関する書類の作成、事実証明に関する書類の作成などが主な業務です。
また、それらの代理や相談業務も仕事内容に含まれます。
官公署に提出する書類の場合はほとんどが許認可に関するものなので、1万を超える種類があります。
権利義務に関するものとしては、遺産分割協議書や各種の契約書、念書、示談書などの作成がそれにあたります。
事実証明に関するものとしては、土地などの実地調査に基づく各種の図面類や会計帳簿などの作成などです。
行政書士には年齢、学歴、国籍などには関係なく、だれでも行政書士試験に合格すればなれます。
それ以外に、国又は地方公共団体の公務員として行政事務に20年以上携わった人もなれますし、弁護士や弁理士や税理士なども資格があります。
受験の科目については法令や一般知識などが出題されますが、通信講座などで勉強すれば誰でも合格することができます。
事務系資格取る!仕事に有利なのは?【通信講座スクール人気ランキング】