引っ越し業者へのキャンセル料はどのくらい?

今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけにこのアパートへの引っ越しを決めました。
初めは3年くらいのつもりで実家の近くで仕事を見つけるつもりで、住所変更しなくても良いと思っていました。
けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利でずるずると居続けてしまい、結婚して今後もこの町にいる可能性も出てきたし、今住んでいるところの方が税金が安いのも事実で、これから住所変更しても悪くないかと思っています。
引越しを前日キャンセルすることになり、引越し業者へ電話したところ、予定していた引越し代金の、10%のキャンセル料がかかりますとのことでした。
かつて違う引越し業者でキャンセルした際は、引越し前日であっても引越し代金を100%支払わなくてはいけなかったので、今回は支払いが安く済んで、ほっとすることができました。
引っ越しをするに伴い、煩雑な手続きもついて回ることになりますが、中でも必要になるのはライフラインの整備であり、特に水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますからかなり大事です。
水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からがベストかというと、これは、引っ越しをする日に近いと忙しくなりますのでやめておき念を入れて、引っ越しをする日から、一週間前には水が出るようになっているなら、一番良いです。
引っ越しをする場合、費用がいくらかかるのか気になりますよね。
でも、頼んだ業者によって出費を抑えることが出来ます。
出来るだけコストを抑えることの出来る引っ越し業者を選びたいものです。
多少費用が高い場合も、引っ越しの時に出たゴミや不用品を回収してくれるオプションサービスを実施しているところもありますから、実際に引っ越しする時には、複数の業者の見積もりとサービス内容と照らし合わせて比較してみるのがおススメです。

http://www.yasui-hikkosigyousya-hikaku.com/